No Picture

大観小観 2020年2月26日(水)

2020-02-26

▼和歌山県立高校男性教諭の死が過労自殺と認められた。三重県教委としても気になることではないか。申請した遺族の弁護士が「学校が抱える問題が一度に重なった象徴的ケー […続きを読む]

No Picture

2020年2月25日(火)

2020-02-25

▼国を挙げての水際作戦をまたもすり抜けて新型コロナウイルスという限定的なウイルスの感染拡大が続く。ウイルスというものの感染経路の複雑さ、未解明部分の多さを改めて […続きを読む]

No Picture

2020年2月24日(月)

2020-02-24

▼「裁判官は乗り降り自由」というのは、裁判員制度開始のころ、津地裁判事から聞いた話だ。合議に支障になるのが、一度主張してしまった説に固執する感情。納得できる説に […続きを読む]

No Picture

2020年2月23日(日)

2020-02-23

▼新型コロナウイルスの感染拡大で、三重県庁は基準ばやりだ。県主催のイベント開催基準を策定した。災害時の犠牲者公表指針発表もその一つだろう。一昨年末から翌年初にか […続きを読む]

No Picture

2020年2月22日(土)

2020-02-22

▼「農福連携全国都道府県ネットワーク」の会長に鈴木英敬知事が就任したころ、障害者を労働力とは思わないと語っていた知事も変わったという趣旨で書いたら、県秘書課から […続きを読む]

No Picture

2020年2月21日(金)

2020-02-21

▼いつぞや県庁の「県民の声」欄に、外国人差別とされる〝声〟が長期間掲載されっぱなしで姿勢を問われたことがあった。その「県民の声」に寄せられた苦情や要望20件を、 […続きを読む]

No Picture

2020年2月20日(木)

2020-02-20

▼複数の地方自治体が一つの目的を遂行するために設立する一般事務組合の議会は、特別の場合を除き普通の地方自治体の規定を準用すると法に定められている。名張市と伊賀市 […続きを読む]

No Picture

2020年2月19日(水)

2020-02-19

▼紙面での笑顔が刷り込まれてしまって「末松則子鈴鹿市長が憤りをあらわに」という記事がピンとこない。「県と市町の地域づくり連携・協働協議会」が舞台で、記事は「市町 […続きを読む]

No Picture

2020年2月18日(火)

2020-02-18

▼共同通信社の全国電話世論調査で、安倍内閣の支持率が森友学園問題を巡る決裁文書改ざん発表後以来の大幅急落した。「桜を見る会」の説明の影響という。いずれも昭恵夫人 […続きを読む]

No Picture

2020年2月17日(月)

2020-02-17

▼取得単位の少なさや転職を繰り返したことで、まともな就職戦線には縁がなかったが、就職試験はよく受け、よく落ちた。10社ほど履歴書を送って全滅し、履歴書を買いに走 […続きを読む]

No Picture

2020年2月16日(日)

2020-02-16

▼児童相談所へ人工知能(AI)を導入する約1億2000万円を計上した三重県の新年度予算案を検証した本紙企画記事は「多くの課題を前に『全国初』の挑戦は続く」と結ぶ […続きを読む]

No Picture

2020年2月15日(土)

2020-02-15

▼「窮鳥懐に入れば猟師もこれを殺さず」という。6世紀末の中国で、流転の中で4カ国に仕え学問の名門貴族として生涯を終えた顔之推が子孫に残した訓戒『顔氏家訓』の一節 […続きを読む]

No Picture

2020年2月14日(金)

2020-02-14

▼新年度の県当初予算案の命名は「令和の礎と針路予算」という。新時代の礎になる予算で、未来に向かう針路ということか。平成から令和への年号切り替えで初めてという位置 […続きを読む]

No Picture

2020年2月13日(木)

2020-02-13

▼野球少年だった昔、プロ野球南海ホークスの野村克也選手は憎い男だった。巨人ファンというより大の長嶋茂雄選手ファンで、神様のような存在だったから、その長嶋選手を差 […続きを読む]

No Picture

2020年2月12日(水)

2020-02-12

▼統合型リゾート施設(IR)めぐる汚職事件で起訴された秋元司衆議院議員が、否認事件としては異例の保釈を東京地裁に認められた。検察が不服として準抗告したのは当然。 […続きを読む]