新卒入社 VS 中途入社:それぞれの満足企業ランキング

入社形態によって社員の満足度に差がある理由は?

2021年10月27日
オープンワーク株式会社

OpenWork「働きがい研究所」調査レポート Vol.89 「新卒入社 VS 中途入社:それぞれの満足企業ランキング」 ― 入社形態によって社員の満足度に差がある理由は? ―

就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大澤 陽樹)は、「新卒入社 VS 中途入社:それぞれの満足企業ランキング」を発表しました。

企業に対する評価は様々な要素によって変動します。在籍期間や部署、役職によっても変わりますし、「入社形態」でも変わるもの。基本的に入社後に会社で育成を行っていく「新卒入社」と、前職の経験やスキルに基づき採用される「中途入社」では、同じ職場で働く同僚であっても、会社に対する見解が異なることもあるでしょう。

今回の調査レポートでは、OpenWorkに投稿された企業評価を新卒入社と中途入社それぞれで集計し、評価点に差があった企業はどこなのかを調査しました。中途入社の方が高評価な企業に対し、新卒入社の方が高評価の企業も公開します。それぞれに見られた特徴とは?

 
【サマリー】
新卒入社と中途入社それぞれの集計において、評価点の差分が大きかった企業を発表
【中途>新卒】ランキング上位企業の中途入社社員は「自分の提案がダイレクトに成果として見える環境」を評価
【新卒>中途】ランキング上位企業の新卒入社社員は「若手から裁量大きく任される風土」を評価

※詳細は次ページまたは「働きがい研究所」にてご確認ください。
https://vorkers.com/hatarakigai/vol_89

 
 【中途>新卒】中途入社社員の評価の方が高い企業ランキング

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110272332-O1-I0ez05wh
自分の提案がダイレクトに成果として見える
中途入社社員の評価の方が高い企業を見ると、差が大きかった上位5社の内2社がファッションブランド、2社が教育サービスとなっています。それぞれ、中途入社の社員によるクチコミを見ていくと、自らの提案が顧客や生徒の満足に直結しており、それがさらに売り上げや合格といった成果として返ってくる点に働きがいを感じていることがうかがえました。個人のスキルが試される環境において、他社での経験や知見もプラスに働いているのかもしれません。

「顧客との信頼関係を築いていくことにより実績もあがり、スキルも向上していける。非常に高い接客スキルを求められることにプレッシャーもあるが、やりがいも感じている。(中途入社:クライアントアドバイザー、女性、ルイ・ヴィトン ジャパン)」

「店長になるとお店の運営が任される。新しい商品を展示会時に発注し、売るための戦略を立てる。計画通りに予算達成できた時に、やりがいを感じる。スタッフの育成にも大きく関わるので、自分の育てた後輩が店長になり、楽しそうに働いていると、嬉しく感じる。お客様からも指名を貰えるようになり、自分の事を信頼して買い物に来てくれるようになることが、販売員としての成長を感じていた。(中途入社:店長、女性、イッセイ ミヤケ)」

「こだわりのあるお客様が多いので打ち合わせは大変だか当日理想どおりになれば達成感は強い。お客様からの感謝の言葉は大変だがまた頑張ろうと思える。(中途入社:営業、男性、アニヴェルセル)」

「顧客のゴール達成を細かくサポートすることができる。学習方法やレッスンをカスタマイズの提案をし、実際に良かったと言ってもらえたり、海外転勤や留学、ワーホリに出発される方を見送れるのがとても感慨深く感じます。他にも、ご年配の方が新しいことに挑戦してみたいと言って入会される時に、何かを始めることに遅すぎることはないんだなと勇気付けられたりします。(中途入社:カウンセラー、男性、GABA)」

「子供たちと関わった仕事をしたいと思っていたので、子供たちの成長を見られる仕事はやりがいがありました。特に受験に合格した時や、成績が上がったときに生徒やご両親から感謝の言葉をもらった時などはとても嬉しかったです。人見知りだった子がだんだんと心を開いてくれるようになったりするのも嬉しかったです。(中途入社:塾講師、女性、湘南ゼミナール)」

 
【新卒>中途】新卒入社社員の評価の方が高い企業ランキング

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110272332-O2-0j34Ayl3
 若手から裁量大きく任される風土
一方で、新卒入社社員からの評価の方が高い企業の上位では、若手の内から裁量大きく責任ある仕事ができる、チャレンジできる環境が成長に繋がるという点を挙げる社員クチコミが多く見られました。特に最近では転職を前提に就職活動をするのが当たり前になってきている中で、「早い成長」を求める新卒入社社員のニーズにマッチしたことが評価に繋がったのかもしれません。

「働きがい:ブライダルという職業としては、直接新郎新婦様の感動を感じられること。会社としては、若いうちから裁量多くたくさんのことを経験できること。任せる文化が強く、社員も20〜30代前半が多いため新卒で入社して早い人は2年目からリーダー的な役割を務められる環境で働けるし、後輩への指導もできる。(新卒入社:ドレス、女性、ノバレーゼ)」

「若い内に大きな仕事にチャレンジする機会が多く、成長につながることになります。サポートも手厚いので、安心して挑戦できる環境になっています。頻繁に上司と面談する機会があるのでキャリア設計を一緒にできます。最終的に自分で常に意識してキャリア設計し、上司がサポートできるように発信する必要があります。(新卒入社:技術、男性、GEヘルスケア・ジャパン)」

「各個人の業務に対する裁量が大きく、基本的に何か取り組みを始めようとしたときに、否定されたり、妨害されたことは一度もないです。そのため、リーダーシップを発揮して物事に取り組める方であれば、非常に快適に過ごせると思います。(新卒入社:マンション事業部、男性、大和ライフネクスト)」

「入社半年で1人で営業に出られるので新卒では早期にお客様に対峙でき、成長を感じられる。裁量権もある程度あるので、自分の力次第で様々な提案ができる。(新卒入社:営業、女性、クイック)」

「裁量が大きいので、自分の頭で考え結果を出す経験は積める。またそれを評価してくれるので、モチベーションは保たれている。手を上げればチャレンジできる環境。自分に希望するポジションに相応しい力があれば、キャリアはある程度自由に描けると思う。(新卒入社:管理部門、男性、LITALICOパートナーズ)」

 
■ 対象データ (集計期間2016年1月~2021年8月)
OpenWorkに投稿された会社評価レポートの内、新卒入社・中途入社それぞれの投稿数が20件以上あり、一定の条件を満たす企業を集計対象としています。

【OpenWork働きがい研究所について】
オープンワーク株式会社が、働きがいの向上のために、個人・企業・社会などの視点から働きがいについて調査・リサーチを行うためのプロジェクトです。2014年3月よりスタートしました。

【OpenWorkについて】
OpenWork(オープンワーク)では、実際に働いた経験に基づく「社員・元社員の声」を共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(1180万件超)が蓄積されており、会員数は約440万人(2021年9月時点)となっています。私たちは、企業の労働環境をよりオープンにしジョブマーケットの透明性を高めることで、健全な雇用環境の発展に貢献するとともに、企業と個人のより良いマッチングをサポートし、一人ひとりが自分らしく生きることを応援したいと考えています。

【オープンワーク株式会社 会社概要】
商号: オープンワーク株式会社
代表者: 代表取締役 大澤 陽樹
所在地: 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39階
事業内容:就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム
     「OpenWork(オープンワーク)」(https://www.vorkers.com/)の企画運営
資本金: 6億4934万円


PDF:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102870/202110272332/_prw_PR1fl_AFn8oFCz.pdf
リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202110272332
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。