【茨城県内初】最大151万5千円を助成!県外勤務者のテレワーク移住助成が開始します!

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015213-O1-yl1993lW

 新型コロナウイルスによるテレワークの浸透や地方移住への需要の高まりを受け、日立市では県内初の試みとして、住宅取得費や家賃、コワーキング施設等利用料など最大151万5千円(住居取得の場合)を助成する『テレワーク移住促進助成事業』を開始します。
 対象となるのは、県外企業等に勤務を継続するなどの一定条件を満たしたテレワークで働く39歳以下の移住者です。
 本助成では、日立市でのテレワークが充実したものになるよう市内コワーキング施設やカフェで使用できる10万円分の料金チケット『ひたちテレワーク応援チケット』もご用意しています。
 また、助成制度の開始に合わせ、市役所内(地域創生推進課)に移住相談窓口を設置し、移住全般の相談をお受けいたします。
 テレワーク移住促進助成事業を活用し、ぜひ日立市への移住をご検討ください。

[テレワーク移住促進助成事業の助成額]
・住居取得をする場合:最大151万5千円
・アパート等を賃借する場合:最大101万5千円
・実家住まいをする場合:最大40万円

※その他の詳細は以下のホームページからご覧ください。
 https://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/013/001/p088131.html 

[日立市移住ポータルサイト]
 https://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/013/001/p088047.html


リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202010015213
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。