電通、タグピク社、マルシェ社が業務提携

D2CブランドをSNS起点で開発・支援するメソッドの確立を目指し共創

2020年10月1日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博、以下「電通」)は、D2C(Direct to Consumer)事業支援の高度化に向け、タグピク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安岡あゆみ、以下「タグピク社」)、タグピク・グループのマルシェ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:服部貴志、以下「マルシェ社」)と業務提携契約を締結しました。3社の知見を掛け合わせることで、D2Cビジネスに重要なSNSを起点としたD2Cブランド開発・支援メソッドを確立し、顧客企業にサービス提供してまいります。

 昨今、企業が消費者と直接つながってモノやサービスを提供する「D2Cブランド」を立ち上げる企業が増えています。販売方法や顧客接点のデジタルトランスフォーメーション(DX)の需要が高まるとともに、D2C領域への事業参入も加速していくことが見込まれます。事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に加え、SNSなどのデジタルコミュニケーションを通じて顧客と関係を構築し、ファンを育成、ブランドを確立していくD2Cブランド事業においては、顧客とのより強い共感の醸成が必要であり、そのためのブランドストーリーや、共感の輪を広げるためのコミュニケーション戦略がより一層重要になります。

 本業務提携では、これまで顧客企業にEC事業支援やブランディングを含むマーケティングコミュニケーション戦略を数多く提供してきた電通と、SNSブランディングによる共感形成に大きな実績を持つタグピク社、D2C領域を専門として競争力を持つマルシェ社の知見を掛け合わせてD2Cブランドを共創します。これにより、SNS起点でのD2Cブランドの開発・支援メソッドを新たに確立し、より実践的なメソッドを顧客企業に提供していくとともに、顧客企業とのD2Cブランド共創事業にも取り組んでまいります。
  
 電通は、この取り組みを通じて、顧客企業のニーズに合った高度なD2Cブランドビジネスソリューションの提供と、D2Cブランドの創出に挑戦してまいります。

 

【D2Cブランド共創の流れ】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015177-O1-wAbDF35z

 
以 上


PDF:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101216/202010015177/_prw_PR1fl_Os0ChH0u.pdf
リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202010015177
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。