大和ネクスト銀行の「応援定期預金」が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

2020/10/1
株式会社大和ネクスト銀行

 株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)の「応援定期預金」が2020年度のグッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009284939-O2-KEnaEe3O】   【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009284939-O1-YQ8e9cW5

 「応援定期預金」は、2017年11月に取り扱いを開始した社会貢献型の預金で、お客さまのお預入れ残高に一定割合を乗じた金額を、大和ネクスト銀行が応援先に寄付する仕組みです。大変ご好評をいただいており、8月末現在、残高は約950億円となっております。
 日本各地の様々なテーマの応援先を10以上設定し、円は10万円から、米ドルは1,000ドルから、また、インターネットおよび銀行代理店となっている全国の大和証券の窓口いずれからでもお預入れを可能とすることで、どこにでもある「預金」というインフラを通じて、”誰でも、気軽に、社会貢献”を実現できる商品性を目指し、設計や改良に努めてまいりました。また、応援先と協働の企画を行うなど、寄付以外の当社に出来る“応援“についても取り組んで来ました。これらの取り組みが評価されたことが、今回の受賞につながったと考えております。

 今後とも“SDGs達成へ貢献できる預金”である“大和ネクスト銀行「応援定期預金」”をよろしくお願い申し上げます。

●グッドデザイン賞とは
 1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は48,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。
(出典:グッドデザイン賞ウェブサイトhttps://www.g-mark.org/

 
●株式会社大和ネクスト銀行(代表取締役社長:夏目景輔)について
 「“貯蓄から資産形成へ”の潮流の中、証券グループの銀行として、お客さまの資産形成ニーズに沿った商品・サービスを提供すること」および「銀行の公共的使命を全うするため、健全な業務運営、安定的な経営基盤の維持・強化に努め、社会からの揺るぎない信頼を確立すること」を経営方針として、2011年に開業した大和証券グループ本社が100%出資する銀行です。

※なお、「応援定期預金」の商品概要については大和ネクスト銀行のウェブサイトをご確認ください

外貨預金の重要事項
●応援定期預金 
金利一覧「応援定期預金」ラインナップ

以上

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009284939-O5-OAtW0AZR

「大和証券(株)」は、「(株)大和ネクスト銀行」を所属銀行とする銀行代理業者として、「預金の受入」および「内国為替取引」を内容とする契約の締結の媒介を行います。

 


リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202009284939
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。