新たな“三姉妹”が登場!松坂慶子さん、大地真央さん、田中美佐子さん初共演新TVCM「シニア三姉妹」篇放映

2020年8月7日
UQ コミュニケーションズ株式会社

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O27-8xmEiLo1

 

UQに新たな“三姉妹”が登場!

松坂慶子さん、大地真央さん、田中美佐子さん初共演

新TVCM「シニア三姉妹」篇

2020年8月7日(金)より全国放映

 

 UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹澤 浩)は、「UQモバイル」の新TVCM 「シニア三姉妹」篇を、8月7日(金)から全国放映します。

 UQは、これまで深田恭子さん(長女)、多部未華子さん(次女)、永野芽郁さん(三女)でおなじみのUQ三姉妹が出演するTVCMをお届けしてきましたが、今回の新TVCMでは、松坂慶子さん(長女)、大地真央さん(次女)、田中美佐子さん(三女)が“シニア三姉妹”として初登場し、60歳以上国内通話し放題の「シニア割(60歳以上)」※と「おてがるスマホ」を紹介します。シニア三姉妹が、「UQ♪」の掛け声に合わせてカメラ目線を決めるシーンや、UQ三姉妹おなじみのダンスにご注目ください。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O2-k5Mz8eis

 

■TVCMストーリー

 UQ三姉妹TVCMでおなじみの、ピンク・レディーの代表曲「UFO」をバックに、おしゃれなスーパーのレジでポーズを決めるシニア三姉妹とパパ(ブルームク)&ママ(ピンクガチャ)。60歳以上国内通話し放題の「シニア割(60歳以上)」※と大画面の「おてがるスマホ」について会話をしていると、三女が「お姉ちゃん、いくつになったの?」と問いかけますが、長女は「おしえなーい」と、どこ吹く風の様子。「UQ♪」の掛け声に合わせて全員でカメラ目線を決めると、シニア三姉妹が表情豊かにUQ三姉妹おなじみのダンスを披露します。ラストは次女が「こっちの三姉妹もどう?」と、挑発的な一言で締めくくります。

 

※詳細は「■シニア割(60歳以上)について」をご確認ください。

 

新TVCMはUQ YouTube公式チャンネル、CMギャラリーにてご覧いただけます。

・YouTube公式チャンネル

 URL: https://www.youtube.com/c/UQmobileUQWiMAX

 新TVCM URL:https://youtu.be/rbxigvIWMfw

 メイキング&インタビュー URL:https://youtu.be/AFe3DYREMj8

 

・CMギャラリー ※8月7日(金)8時公開

 URL:https://www.uqwimax.jp/cm/

 

■「シニア三姉妹」篇

 

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=rbxigvIWMfw

 

 

■メイキング見どころ

芸能生活が長いお三方ですが、今回がなんと初共演。撮影前には、お互いにセリフのイントネーションを確認したり、個性あふれる衣装に身を包んだ三人が、それぞれの衣装や髪型についてコメントしながら笑いが起きる場面も見られ、初めてとは感じさせない和気あいあいとしたアットホームな撮影現場でした。そんな息ぴったりのシニア三姉妹が、お互いを褒めあうほどの出来となった、キレのあるUQダンスにもぜひご注目ください。

 

<本番シーン>0:15~

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O19-5K2j2276

 

<UQダンスシーン>1:02~

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O21-s0yll2CJ

 

 

■出演者インタビュー

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O20-cij04PHo

 

1:35~

姉妹になられた感想を教えてください。

大地さん:私は本当にこんな素敵なお姉さんで、・・・おもしろくてかわいい(笑)妹が(笑)

田中さん:今、間が空きましたね(笑)

松坂さん:私も真央さんの舞台は拝見しておりますので。生で振付を拝見できて、モニターにかぶりついてました。妹もかわいくてお茶目!

大地さん:お茶目ですよね~。

田中さん:ありがとうございます。私もこれだけ長いこと芸能界やってて、お二人に一度もお会いしたことなかったっていうのが、改めてびっくり。1回くらいどこかでお会いしててもおかしくなかったのにと思うんだけど。だいたい現場に行くと私1番上だったりするんですけど、今回1番年下で。よろしくお願いします(笑)

松坂さん:よかったです。

 

2:33~

ダンスはどうでしたか?

松坂さん:真央さんのダンスが拝見できたので神です!素敵~。

大地さん;いや、そんなそんな。でもすごくかわいかったですよ。

田中さん:かわいかった!

松坂さん:この動き(ダンスの振付)やってみて、私肩痛いんだって気が付いて(笑)なんかそういう意味でほぐすにも良い体操ですよ。

大地さん:皆さんにお勧めの。

松坂さん:お勧めです。是非、なさってみてください。

大地さん:細かくやると本当に指先は、結構ちゃんとやると難しいものですね。

田中さん:私はもう、お若い三人組のをいつも見てて、今回撮影前にもらった参考動画を見てやったら全然できなくて。娘と一生懸命「どのへん?どのへん?」って言いながらやってました(笑)

大地さん:でもなんか、リズムがやっぱりこうワクワクするような楽しいですよね。踊っていて。

松坂さん:そうですね!

 

3:33~

最近ハマッていることは?

松坂さん:万葉集を読むのが好きで。あの、大らかでしょう。心の健康に万葉集、体の健康にフラダンス、何て言っちゃったり(笑)

田中さん:合いそう!

松坂さん:私のフラはなんちゃってフラですけど、でも、入口だけは誰でもね!

 

3:51~

今回のファッションについてどう思いますか。

大地さん:いろんな格好を舞台とかコンサートとかでやりますけど、ここまでロックなのは初めてで(笑) こういう三姉妹って、いそうだなって思いました。なんかそれぞれの個性がはっきりしてて、

松坂さん:本当!なんかいろいろ旅行行くときの計画したりして分担がありそうね!あなた得意だからこっち!とかね。

田中さん;私ね!頭でしょ?本当取りたいです(笑)これいいんですかね?

大地さん;かわいい!すごくかわいい!

田中さん:そうですか?じゃあ、このままで・・・じゃ、次金髪でやってみます?

松坂さん:前髪だけカーラー付けてるおしゃれはあるけど、それもいいんじゃない?全部つけてて!かわいいわよ。

田中さん:じゃあ、やりますか今度?

全員:(笑)

 

4:51~

「通話し放題」についてどう思いますか?

大地さん:やっぱり友達と気が付いたら「え!?1時間も経ってた!」みたいな時はありますね。

田中さん:あるある(笑)

 

5:01~

スマホをどのように使っていますか?

田中さん:いっぱいアプリが増えて。お花のアプリとかいっぱいあるのね!あと、お取り寄せのアプリとか、そういうの見てるのも大好きですね。だからよく見ちゃいます。

松坂さん:me tooよ。

田中さん:(笑)ですよね!

松坂さん:画面が大きいので、写真を撮ったり、動画を見たり、あと今日の振付のチェックをしたり、そういうの楽しいですよね。

大地さん:便利ですよね。私も猫飼ってるんですけど、かわいい瞬間をパッと残すことができるのでいいですよね。

 

 

■シニア割(60歳以上)について

 

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O10-75fLfju5

 

「シニア割(60歳以上)」は、国内通話がかけ放題(注1)となる月額1,700円の「かけ放題(24時間いつでも)」の通話オプション料をキャンペーン適用月から6ヶ月間は1,700円、7ヶ月目以降は1,000円割引きます。

 

(注1)一部対象外の通話があります。詳細は定額通話対象外電話番号一覧(https://www.uqwimax.jp/plan/mobile/pittari/images/popup_fig_freephone.png)をご確認ください。定額通話の対象外となる国内通話は、他社が料金設定している場合を除き20円/30秒の通話料がかかります。当社が不正な長時間通話と判断した際、通話を切断する場合があります。

 

1.概要

「シニア割(60歳以上)」は、受付期間中に当社指定機種をご購入(お持ち込みも可)もしくは、ご利用いただいている60歳以上のお客さまが「スマホプラン」および有料通話オプションの「かけ放題(24時間いつでも)」にお申込みいただいた場合、「かけ放題(24時間いつでも)」の月額オプション料(1,700円)をキャンペーンの適用月から最大6ヶ月間1,700円(注2)割引します。7ヶ月以降についても継続して1,000円割引します。また、月額200円のメールサービスも無料となります。

 

(注2) 本キャンペーンの適用を終了した後、受付期間中に再度申込みを行い、適用条件を満たすこととなった場合、オプション料1,000円の割引のみが適用となります。6ヶ月間月額オプション料を1,700円割引するキャンペーンについては再適用となりません。

 

※通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」および「メールサービス」へのお申し込みは別途必要となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O11-LWPi0p2o

 

2.適用条件

受付期間内に、以下の適用条件を全て満たしているお客様

①個人でご契約のお客様

②対象申込を行った時点でご利用者様の年齢が60歳以上

③受付期間中に指定機種の購入、お持ち込みまたはご利用中であり、以下の「対象料金プラン/通話オプション」・「対象申込」でご契約

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104101/202008062877/_prw_OT1fl_131Qyhrb.png

※指定機種のお持ち込みの場合は、端末識別番号(IMEI)の登録手続きが必要となります。(UQお客さまセンターでの受付となります。)

※キャンペーン対象の申込みをされた時点で60歳未満の場合、60歳に達した時点でお申し出いただければ、キャンペーン適用条件を満たしていることを確認のうえで本割引を適用します。割引はお申し込みの翌月(新規契約の場合は課金開始月)からの適用となります。

※キャンペーン適用条件を満たさなくなった場合、その月の末日(プラン変更または通話オプション変更の場合は、その変更が適用される月の前月)をもって割引の適用を終了します。

※割引の適用を終了した後、受付期間中に再度対象の申込みを行い適用条件を満たすこととなった場合、オプション料1,000円の割引を再度適用します。適用条件を満たすこととなっても、6ヶ月間月額オプション料を1,700円割引するキャンペーンについては再適用となりません。

※割引額は日割りを適用します。

※記載の料金は税抜です。

※本キャンペーンの終了時期は当社ホームページなどでお知らせします。

 

詳細は下記URLからご確認ください。

https://www.uqwimax.jp/mobile/norikae/senior/

 

 

■参考 TVCMキャラクタープロフィール

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O29-mQcpvgYW

松坂 慶子(まつざか けいこ)

東京都出身。

1970年映画デビュー。ドラマ「水中花」で主題歌「愛の水中花」が大ヒット。

「男はつらいよ」「蒲田行進曲」や「死の棘」(カンヌ国際映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、ブルーリボン賞など数多くの賞を受賞している。

2009年紫綬褒章受章。NHK朝ドラ、大河ドラマにも数多く出演。

大河ドラマ「西郷どん」、朝ドラ「まんぷく」で主人公の母親役で話題となった。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O30-O3z8tuy1

大地 真央(だいち まお)

兵庫県出身。

宝塚歌劇団トップスターとして一時代を築き、1985年退団。「風と共に去りぬ」「エニシング・ゴーズ」「マイ・フェア・レディ」「クレオパトラ」「ローマの休日」「ガブリエル・シャネル」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」「夫婦漫才」「クイーン・エリザベス」など舞台で多様なヒロインを演じ続け、文化庁芸術祭賞大賞、菊田一夫演劇賞、松尾芸能賞優秀賞など多数受賞。テレビドラマや映画、CMなど多方面で活躍を続けている。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008062877-O28-FS464Lv1

田中 美佐子(たなか みさこ)

島根県出身。

1982年に『ダイアモンドは傷つかない』で映画初出演にして初主演を果たし、同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 以後、数多くのドラマ、映画、舞台に出演している。

代表作に「十年愛 」(TBSテレビ)、「セカンド・チャンス」 (TBSテレビ)、「OUT~妻たちの犯罪」 (フジテレビ)、「ブラザー☆ビート」(TBS) 、「14才の母」 (日本テレビ)など。

2019年「それぞれの断崖」(フジテレビ)では、絶望に立たされた妻を演じて話題となった。

明るくコミカルな役から、心の闇を抱えたシリアスな役までこなす演技派女優。

 

 


リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202008062877
動画URL:https://youtu.be/rbxigvIWMfw
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。