「ネットワーク監視&インシデント対応サービス NDR(Network Detection and Response)」の提供を開始

インフォメーション・ディベロプメント、 「ネットワーク監視&インシデント対応サービス NDR(Network Detection and Response)」の提供を開始

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 利雄 以下、当社)は7月10日より「ネットワーク監視&インシデント対応サービスNDR(Network Detection and Response)」の提供を開始します。

■サービス提供の背景
当社がお客さまにセキュリティ製品をご提案していくなかで、「SOC(セキュリティ・オペレーション・センター)を持つほどのセキュリティ予算はない」「資産を持たずにセキュリティを強化したい」「高度なセキュリティ製品の管理運用が不安だ」「エンドポイントではなくネットワーク上でのセキュリティを強化したい」等のご意見を頂いていました。
そこで、高度なセキュリティ対策を手頃な価格でご利用いただけるよう本サービスの提供を決定しました。

■「ネットワーク監視&インシデント対応サービスNDR(Network Detection and Response)」とは
監視サーバーがお客さまのフローデータを解析し、ネットワークを監視します。監視対象はIPアドレスを有するすべてのデバイスとなり、インシデントを検知した場合にはセキュリティエンジニアが事実確認およびトリアージを行います。その後、インシデントの対応、または対応策を含めた通知をお客さまに行います。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007101912-O1-ToY7t91v
図:サービス提供イメージ

サービスサイト「ネットワーク監視&インシデント対応サービスNDR(Network Detection and Response)」: https://seceon.jp/network_monitoring_service.html

■サービスの特徴
①容易に導入が可能
お客さまの作業はフローデータの送信先設定と収集サーバーの設置のみであるため、既存の対策を活かしつつ、エージェントレスでサービスの利用を開始できます。

②「見えない脅威」を検知
従来検知が困難であった「ゼロデイマルウェアの感染」「内部不正・情報漏えいの兆候」「不正ログイン」等の脅威についても、リアルタイムで検知することが可能です。

③対応すべきアラートのみを通知
製品によるマシンラーニングと当社のセキュリティエンジニアによるアラート精査により、お客さまへは本当に対応すべきアラートのみをご連絡します。不要なアラートによる作業時間を大幅に削減し、重要なインシデントを見逃しません。

■価格
お客さまの企業規模に合った料金体系をご提案します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007101912-O2-P2Xp4cK0

■インフォメーション・ディベロプメントについて
株式会社インフォメーション・ディベロプメントは、金融、公共、航空など幅広い業種のお客さまへ、創業以来約50年にわたり、システム運営管理やシステム開発を中心としたITサービスを提供しています。
また、約20年間蓄積してきたサイバーセキュリティのノウハウと、長年の運営管理や開発における経験を組み合わせ、お客さまの課題を解決してきました。インフォメーション・ディベロプメントは今後も引き続き、お客さまのIT環境の向上に貢献します。

社名 : 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
本社所在地 : 〒102-0076 東京都千代田区五番町12-1 番町会館
代表取締役 : 山川 利雄
U R L : https://www.idnet.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
担当部署 : サイバー・セキュリティ・ソリューション部 神沼
電話番号 : 03-3262-9171
メールアドレス : security@idnet.co.jp
URL : https://www.idnet.co.jp
以 上


PDF:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105679/202007101912/_prw_PR1fl_Y57N1Va9.pdf
リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202007101912
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。