「PETボトルリサイクル年次報告書2019」発刊のお知らせ

2019年11月22日

PETボトルリサイクル推進協議会

「PETボトルリサイクル年次報告書2019」発刊のお知らせ

 一般社団法人全国清涼飲料連合会が加盟するPETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区、会長:佐藤澄人 以下、推進協議会)は2018年度のPETボトルのリサイクル実績を中心に取りまとめた「PETボトルリサイクル年次報告書2019」を発刊しました。2001年以来、毎年作成しており、PETボトルの3Rへの取り組みなどを広く啓発していくことを目指しています。

 2018年度トピックスとして、リデュース(軽量化率)では指定PETボトル全体の軽量化率は第3次自主行動計画25%の軽量化目標に対して23.6%(2004年度比)、削減効果量は189.9千トンとなりました。主要な容器サイズ・用途17種のうち13種で昨年より軽量化が進み、7種で2020年度軽量化目標を達成しました。
 一方で、リサイクル率は、84.6%と目標85%以上の維持にやや及ばす、前年度の84.9%に対しても約0.3ポイント減少しました。2018年度は、中国の廃棄物輸入禁止の影響を受けてリサイクル率が更に低下するのではないかと懸念しておりましたが、国内循環等が進み、概ね昨年並みを維持しました。このリサイクル率は欧州の約4割、米国の約2割に比べ顕著に高く、世界最高水準です。
 さらに飲料業界で採用が進む使用済みPETボトルから再びPETボトルに戻すボトルtoボトルが72.7千トンと、前年度比で11.4千トンの利用増となり、18.5%伸びました。

 私たちの生活になくてはならない容器として浸透しているPETボトル。そのPETボトルのリサイクルの必要性や循環型社会の大切さ、リサイクルの流れなどを知っていただくための啓発活動などにも積極的に取り組んでいます。
 PETボトルの自主行動計画はPDCA(Plan・Do・Check・Action)を繰り返すプロセスで進めており、プロセスをご理解いただくとともに、PETボトルのリデュース及びリサイクルの3R推進を通じ、より良い社会の実現にいささかなりとも貢献すべく真摯に取り組んでまいります。
 詳しくは「PETボトルリサイクル年次報告書2019」でご確認をお願いいたします。
 HP:http://www.petbottle-rec.gr.jp/nenji/2019/


PDF:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102108/201911193661/_prw_PR1fl_4T5xC234.pdf
リリースURL:https://kyodonewsprwire.jp/release/201911193661
注意:本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。