No Picture

2018年2月27日(火)

2018-02-27

▼津市の前葉泰幸市長は新年度予算案の発表で、合併後のさまざまな事業にめどが付いたと語った。新年度からは大型事業から「暮らし応援予算」に ▼市広報紙に連載する「市 […続きを読む]

No Picture

2018年2月26日(月)

2018-02-26

▼「恥の多い生涯を送って来ました」は、太宰治の自伝的小説とされる『人間失格』の一節。その本旨は知らぬが、大なり小なり人は思い当たるのではないか。仕事柄と性格上、 […続きを読む]

No Picture

2018年2月25日(日)

2018-02-25

▼旧優生保護法下で知的、精神障害者らが不妊手術を強制された問題で、鈴木英敬三重県知事が「まずは国が対応の指針を明示するのが筋」。加害者側に連なりながら「まずは」 […続きを読む]

No Picture

2018年2月24日(土)

2018-02-24

▼現代俳句の旗手、金子兜太さんが亡くなり、悼む声が各地で起こっているのとは別に、一日前に死去したと誤報して記事全文を取り消した時事通信社は、その後の流れをどう見 […続きを読む]

No Picture

2018年2月23日(金)

2018-02-23

▼「イクボス」とか「イクメン」と言って男性が育児に協力している気になっていられるのは、社会が男性中心に回っていることだという警句がある。男女が当たり前に育児をと […続きを読む]

No Picture

2018年2月22日(木)

2018-02-22

▼県の新年度予算発表というと、リポートのテーマ探しに苦労した現役時代を思い出す。無味乾燥な発表を、県民の身近な問題として伝えたい思いがあったからだ ▼県教委の一 […続きを読む]

No Picture

2018年2月21日(水)

2018-02-21

▼裁量労働制に関する国会審議が迷走している。原因が厚生労働省のずさんな調査にあることは当然だが、菅義偉官房長官ら政府高官が「極めて不適切」などと厚労省を批判する […続きを読む]

No Picture

2018年2月20日(火)

2018-02-20

▼『検証・県予算』企画の「財政の硬直化」編に添えられた、暗闇に浮かび上がる県庁のこうこうとともる明かりの写真に笑った。記事は、退職金や人員、給与削減に大なたを振 […続きを読む]

No Picture

2018年2月19日(月)

2018-02-19

▼「事業の目的は明確か」「予算の金額は妥当か」「どれだけの費用対効果があるのか」―これが、事業を申請してくる各部門に対する県財政課の質問という。どちらかといえば […続きを読む]

No Picture

2018年2月18日(日)

2018-02-18

▼バス転回場の高額賃料問題を追及する伊賀市議会百条委員会で、問題の土地の契約先企業から市議の長男が契約前に退社したことについて、企業の代表社員が「種々の疑念を持 […続きを読む]

No Picture

2018年2月17日(土)

2018-02-17

▼津市と四日市市で、店舗に車が突っ込む事故が相次いだ。73歳の男性と69歳の女性。ブレーキを「踏んだつもり」「踏み間違えた」の供述の違いはあるが、警察庁がまとめ […続きを読む]

No Picture

2018年2月16日(金)

2018-02-16

▼鈴木英敬知事の2期目最終年度だというのに、県の新年度一般会計当初予算案は2年連続の前年度比減。それも異例という文字が飛び交う緊縮予算。心も折れようというものだ […続きを読む]

No Picture

2018年2月15日(木)

2018-02-15

▼犯罪の摘発率向上を研究した県の若手や中堅の職員らでつくるグループが、県全域を「DNA型情報捜査特区」に指定し、DNAの強制採取を提案した。最高裁が禁じた令状な […続きを読む]

No Picture

2018年2月14日(水)

2018-02-14

▼お菓子メーカーの仕掛けた義理チョコ論争で、今年のバレンタインデーは一段と盛り上がったようだ。論争も賛否入り乱れ、大いに考えさせられることが多かったりしていると […続きを読む]

No Picture

2018年2月13日(火)

2018-02-13

▼国体スピードスケートで、県勢が入賞したのは18年前の第53回以来という(本紙『まる見えリポート―』三重国体優勝目指す県)。県のスポーツ振興策を物語っているよう […続きを読む]