白山、宇治山田商などベスト8進出 夏の高校野球三重大会第9日

【久居農林―三重 六回裏、三重3番野田が右中間を破る痛烈な打球で三塁に到達=22日、松阪球場で】

第105回全国高校野球選手権記念三重大会は第9日の22日、3回戦8試合があり、三重や松阪商、いなべ総合、木本、津商、津田学園、白山、宇治山田商がベスト8に進出した。

三重は久居農林に8―1の七回コールド勝ち。相手守備の乱れにも乗じて三回までに7得点。六回、先頭の3番野田泰市の右中間を破る三塁打から試合を決める8点目を挙げた。

松阪商は序盤と終盤の猛攻で菰野を13―3で退けた。1点差に詰め寄られた九回8長短打で9得点。1死二塁から適時二塁打で5点目をたたき出した4番阪口遼楽は5打数5安打4打点の活躍だった。

いなべ総合は神村学園伊賀を9―0の七回コールドで下した。一回4番石垣諒馬の適時打で1点先制するとその後も小刻みに加点。投げては水野陸翔、髙田陽聖が無失点リレーした。

木本は海星を5―4で破った。三回の1番久保尊の2試合連続本塁打となる右越えソロ本塁打などで試合をリード。西功一郎、杉浦一輝、廣田侑功の継投で海星の猛追をかわした。

【海星―木本 八回裏に登板した海星の髙橋(中央)=四日市球場で】

津商は久居に9―3で勝利。加藤晴、松田空知の継投で久居の得点を一回の2点、三回の1点に抑えると3点を追う四回先頭の上林基良の内野安打など6長短打で4点を奪い逆転した。

津田学園は四日市に5―1で勝った。先発の3年生左腕坂下歩夢は7回9奪三振1失点の好投で試合をつくり、打撃でも四回、均衡を破る先制適時打を放った。

白山は皇學館を6―5の九回サヨナラで下した。5―5で迎えた九回、左前打で出塁の1番大崎颯太が4番大浦恭汰の遊撃への適時内野安打で生還し、サヨナラのホームを踏んだ。

宇治山田商は近大高専を11―1の六回コールドで破った。六回コールド試合を成立させる左越え適時二塁打を放った5番前田拓音は先発投手としても6回1失点の粘投だった。