妻の車パンクさせた疑い 三重県警鳥羽署、夫を逮捕

【鳥羽】三重県警鳥羽署は30日、器物損壊の疑いで、鳥羽市堅神町、無職川原秀輔容疑者(38)を逮捕した。

逮捕容疑は令和5年6月24日、鳥羽市内の会社駐車場で、別居中の妻である30代女性の乗用車の運転席側後輪タイヤをパンクさせた疑い。

同署によると、修理の過程で人為的な原因と分かり、女性が被害届を出し、周辺の防犯カメラの映像や目撃情報などから特定した。「間違いない」と容疑を認めている。