運営支援金や防犯グッズ寄贈 三重県遊技業協同組合、フリースクールなどに

【支援金の目録を寄贈する権田理事長(左)=津市のホテルグリーンパーク津で】

【津】三重県遊技業協同組合(権田清理事長)は23日、津市羽所町のホテルグリーンパーク津で定例総会を開き、地域貢献活動の一環として、フリースクールや県防犯協会連合会などに運営支援金や啓発物品を寄贈した。

贈呈式では、不登校児童の支援などをしているNPOフリースクール三重シューレ(石山佳秀代表)に運営支援金として34万9千円、県防犯協会連合会(山内範秀専務理事)には約40万円分の防犯グッズを寄贈した。また薬物やギャンブル等の依存症脱却支援を目的とする三重ダルクアディクションサポートセンター(市川岳仁代表)に対する共同助成金として50万円分を交付した。

このほか、みえ犯罪被害者総合支援センターが実施している寄付型自動販売機設置事業に協力したとして、同センターの楠井嘉行センター長から権田理事長に感謝状が交付された。

権田理事長は「厳しい状況でも貢献の根は残さないといけない。今後も継続していきたい」と話していた。