菰野支店・菰野中央支店がグランドオープン 三十三銀、進学塾とのコラボ店舗 三重

【オープニングセレモニーでテープカットに臨む(左から)諸岡高幸菰野町長、渡辺頭取ら=菰野町菰野で】

【三重郡】三十三銀行(渡辺三憲頭取)は20日、「菰野支店・菰野中央支店」(三重県三重郡菰野町菰野)をグランドオープンした。同支店は昨年10月に同所で営業を開始しているが、同敷地内にあった旧菰野支店の取り壊しが完了したのを機にオープニングセレモニーを開催した。

新店舗は建物内に「進学塾Ishin」が入居する、同行初のコラボレーション店舗で、35台駐車可能なスペースを確保。店舗敷地内の一角、湯の山街道沿いにベンチと屋根による「ポケットパーク」を設置し、地域住民の憩いの場として利用してもらうほか、ATM(現金自動預払機)コーナー、全自動貸金庫、無風・無音の冷暖房設備「F―CON」を導入した商談室3室がある。屋上に24枚のパネルを設置して太陽光発電システムを取り入れ、環境保護とSDGsにも取り組む。

渡辺頭取はあいさつで「この場所にあった旧三重銀行の支店は明治34年から120年以上、西にあった旧第三銀行の店舗も70年以上と歴史があり、菰野地区では昔からお世話になっている」と感謝し、「進学塾が同じ建物に入っているのは地方銀行としては初めて。太陽光など環境に優しい店づくりをしているほか、ポケットパークでくつろいでいただくしつらえ」と強調。さらに「5月で合併して丸2年だが、環境が厳しい中、順調に来ている。引き続きご支援をお願いしたい」と述べた。