統一地方選後半戦スタート 津市長選、現新一騎打ち 三重

【右から、前葉泰幸候補と石川剛候補】

三重県の津、鈴鹿両市長選が16日告示され、いずれも現職と新人の一騎打ちとなった。四日市、鈴鹿、鳥羽の3市議選、津市議補選も告示され、統一地方選の後半戦がスタートした。

【津】津市長選(任期満了25日)と市議補選(欠員2)は16日告示され、市長選はいずれも無所属で、4選を目指す現職の前葉泰幸氏(61)=東丸之内=と、新人で建設会社社長の石川剛氏(49)=香良洲町=が立候補し、一騎打ちの戦いが繰り広げられる。選挙戦となったのは平成23年4月以来、12年ぶり。投開票日は23日。

前葉氏の3期12年の実績が問われる選挙。前葉氏は自民、立民、公明、国民の4党から推薦を得た。子育て政策や大門、津駅周辺をはじめとした中心市街地活性化などを訴える。

石川氏は新エネルギーの推進や水道事業の見直しによる安全安心な供給と料金値下げ、震災・水害に強いまちづくりなどを掲げている。

現職2人が県議選に出馬したことにより欠員が生じた市議補選(欠員2)は元職1人、新人4人の計5人が出馬。党派別は共産1、無所属4。いずれも男性。

期日前投票は17日―22日午前8時半から午後8時まで市役所本庁舎と各総合支所など計10カ所で実施。19日―22日午前10時から午後8時までイオンモール津南でも行う。23日の投票日は午前7時から午後7時まで市内120カ所で実施する。

15日現在の選挙人名簿登録者数は22万4751人(男10万7878人、女11万6873人)。