唯一無二の真珠ジュエリー並ぶ 菰野町で上村さん展示会 三重

【「真珠を使った唯一無二のジュエリーを楽しんで」と話す上村さん=菰野町大羽根園のパラミタミュージアムで】

【三重郡】南伊勢町のパールジュエリーアーティストの上村栄司さん(55)が、真珠を使ったジュエリーなどを集めた「パールっておもしろい」と題した展示会を三重県三重郡菰野町大羽根園のパラミタミュージアム1階、小ギャラリーで開いている。13日まで。小ギャラリーは入場無料。

真珠の個性を生かしたデザインで仕上げたネックレスや指輪、ブローチなど約280点を並べた。丸くない形のいびつな真珠を使ったペンダントトップは、茶を入れるポットに仕立てた。上村さんが手がけるジュエリーは貴金属だけでなく、ステンレスやチタンといった素材とも組み合わせている。

額に入れたジュエリーもあり、普段はインテリアとして家の中で眺めて楽しんでもらえるような提案もしている。文字盤の部分に真珠をあしらった木製の時計は、簡単に真珠を取り外すことができ、ピンブローチとして身に着けることもできるという。

上村さんは、南伊勢町で祖父の代から100年近く続く「上村真珠養殖」の三代目。養殖技術の研究に携わりながら、ジュエリー制作に取り組む。国内をはじめ、米国・ニューヨークなど海外でも展示会を開く。10月には、仏パリでの開催を予定している。「真珠を使った唯一無二のジュエリーを、アートとしても楽しんでもらえたら」と話している。