三重運輸支局長・村上氏が新任あいさつ 本社来訪

【新任あいさつで小林社長(右端)と話す村上三重運輸支局長(左端)=津市本町の伊勢新聞社で】

【津】1日付で国交省中部運輸局三重運輸支局長に就任した村上隆幸氏(58)が6日、津市本町の伊勢新聞社に小林千三社長を訪れた。

村上支局長は馬渕秀樹首席運輸企画専門官と共に来社。平成30年4月―令和3年3月に在籍した中部運輸局観光部で取り組んだ観光ルート「昇龍道」の事業に触れ「訪日観光のピークもボトムも経験し、観光は人が来てくれないと何ともならないと分かった。これ以上減ることはないので増えた時に受け入れをしっかりできるよう進めたい」と述べた。

また「運輸業、自動車整備業とも慢性的な人材不足」と課題を挙げ、「若い世代が車に興味を持つよう環境を整備し業界を盛り上げたい」と抱負を語った。

小林社長は「重要なお仕事。若者が興味を持つ取り組みは素晴らしいと思う。頑張って下さい」と激励した。