「若い活力と柔軟な発想を」 百五銀入行式で杉浦頭取 三重・津

【杉浦頭取に宣誓する新入行員=津市丸之内の百五銀行丸之内本部棟で】

百五銀行・同グループの入行・入社式が3日、三重県津市丸之内の同行丸之内本部棟であった。前年より16人少ない62人の新入行員が社会人としての第一歩を踏み出した。

杉浦雅和頭取は「変化の激しい時代に百五銀行グループが成長を加速させていくためにはみなさんの若い活力と柔軟な発想が必要。みなさんの力が一翼となり、真に頼りにされる金融機関へとより一層成長していく大きな原動力となることを期待している」と祝辞を述べた。

新入行員の宣誓では、代表して中村龍彦さん(22)が「地域社会の重要な担い手としてお客様と真摯(しんし)に向き合い、良識ある社会人として誠実に行動することで地域の持続的な発展に貢献できるようまい進します」と宣誓した。

新入行員は今月4日から6月30日まで研修で銀行業務全般など学び、7月から配属先で勤務する。