トンネル側壁に衝突、バイクの男性重体 紀北町の紀勢自動車道 三重

【北牟婁郡】30日午後1時ごろ、三重県北牟婁郡紀北町相賀の紀勢自動車道上り馬越トンネル(総延長約2・2キロ)を走行中のバイクが側壁に衝突して転倒。運転していた神奈川県茅ケ崎市十間坂、会社員中村雄さん(35)が全身を強く打ち、意識不明の重体でドクターヘリによって伊勢市内の病院に搬送された。

県警高速隊によると、現場は片側一車線でトンネル入り口から約1・2キロ付近。男性は車体と共に反対車線に投げ出されたが、対向する車両が直前で気付いて衝突を避けたという。中村さんはツーリング中だったとみられ、持病の可能性も含めて詳しい事故原因などを調べている。

この事故で、尾鷲北インターチェンジ(IC)―海山IC間の上下線約6・1キロが約2時間半にわたり通行止めとなった。