ウクライナ傷病者を受け入れ 松阪のNPOがCF 三重

【クラウドファンディングの協力を呼びかける上村理事長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】ウクライナへの支援事業などに取り組む三重県松阪市のNPO「SunPanSa」(上村眞由理事長)は30日、ロシア侵攻により傷病者となり、治療を必要とするウクライナ人を県内で受け入れ、リハビリ治療をするため、クラウドファンディングで資金を募る取り組みを始めた。目標金額は950万円。募集期間は5月26日午後11時まで。

取り組みの期間は4月から来年3月まで。初回は四肢切断の傷病者6人と家族2人を受け入れ、鈴鹿、松阪、桑名の3市が市営住宅を無償で提供するなどの協力をするほか、鈴鹿中央総合病院、桑名市総合医療センター、済生会明和病院が治療に協力する。

これまでに、同NPOは中古の救急車2台をウクライナに送ったという。

同日、上村理事長が鈴鹿市役所で「傷病者を日本で治療できればという思いで始めた。命を救って継続させていきたい」と支援の協力を呼びかけた。

専用サイトで受け付けており、支援金は5千円から500万円の10コース。いずれも返礼品としてお礼と活動報告のメールが届く。

集まった資金は義肢制作費などの医療費や生活費などに充てる。