急行と衝突、1人死亡 近鉄白塚駅・三重

【津】18日午前11時25分ごろ、三重県津市白塚町の近鉄白塚駅で、通過中の松阪発名古屋行急行列車(6両編成)が線路内にいた人と衝突。全身を強く打ち、その場で死亡が確認された。乗員、乗客約120人が乗っていたが、1人が首の痛みを訴えているという。

津署によると、死亡者は性別、年齢不詳で身元を確認できる所持品は見つかっていない。列車が通過直前に自ら線路内に降りたといい、身元の特定と共に詳しい経緯を調べている。

近鉄によると、この事故で上下線36本が運休、12本で最大約90分の遅れがあり、約9千人に影響が発生した。