詐欺容疑で組員再逮捕 四日市北署

【四日市】三重県警四日市北署は15日、詐欺の疑いで、住所不定無職、六代目山口組傘下組員久保下秀文容疑者(55)を再逮捕した。

逮捕容疑は詐欺グループの実行犯と共に菰野町の70代無職女性から現金をだまし取ろうと共謀し、病院関係者や息子を装い「会社の振り込みに現金が必要」などと電話をかけ、令和四年5月31日午後2時10分ごろ、女性宅付近の路上で受け子として現金約150万円を受け取り、だまし取った疑い。認否は明らかにしていない。

同署によると、久保下容疑者はこれまでにも同様の手口による別件詐欺容疑で逮捕されており、取り調べの中で特定した。