みえの食セレクション、1品取り消し 三重県、類似商品の判明で

三重県は15日、大都市圏にアピールする県産品を選定する「みえの食セレクション」のうち、1品を取り消した。同様の商品や名称が商標登録されていたため。県は選定時に商標登録の確認をしていなかった。

県によると、選定を取り消したのは「Sugar-lemonフラワーケーキ専門店」(志摩市阿児町)の「花おはぎ」。料理研究家らによる審査で選定し、1月27日付でセレクションに追加していた。

この商品を扱うフェアの準備を進めていた百貨店の担当者が先月、商品名などを確認し、類似商品があることが分かった。県は百貨店から連絡を受けるまで、類似商品があることを把握していなかった。

同店は選定の申請書類に記載された「類似商品はない」の項目にチェックをつけていた。県は選定の要綱に定めた「虚偽の申請」に当たると判断。「適切かつ平等な制度の運営」を目的に選定を取り消した。

同店は県に「知的財産の知識が不足していた」と説明しているという。県産品振興課は「今後は選定を希望する事業者を対象に知的財産の研修を実施し、知的財産の専門家を審査員に配置する」としている。