濱井氏が出馬断念 31日告示の三重県議選、緊急入院で

【濱井初男県議】

濱井初男三重県議(73)=新政みえ、3期、多気郡選出=が、任期満了(4月29日)に伴う今月31日告示、4月9日投開票の県議選に立候補しない方針を固めた。濱井氏の後援会が14日、明らかにした。

後援会によると、濱井氏は10日夜から体調を崩し、伊勢市内の病院に緊急入院した。近く手術を受ける予定で、2週間程度の入院が必要。入院に当たり、出馬断念の意思を後援会に伝えたという。

濱井氏は4選を目指し、新政みえ公認での立候補に向けた準備を進めていた。後援会は「幸い大事には至らなかったが、療養に専念するため、出馬を断念せざるを得ないとの決断に至った」としている。

県議選多気郡選挙区(定数2)には、自民現職の西場信行氏(71)=10期=と無所属新人の松浦慶子氏(57)が立候補する予定。濱井氏の出馬断念を受け、新政みえは後任擁立の可否を含めて対応を検討する。