自動運転、ナガシマ駐車場で実証実験 桑名市、運行管制システム活用 三重

【マイリーに試乗する(右から)舟橋社長、伊藤市長ら=桑名市長島町浦安で】

【桑名】三重県桑名市は14日、同市長島町浦安のナガシマスパーランド駐車場で4回目の自動運転サービス実証実験を実施した。15日まで、①レベル0から5まで6段階ある自動運転化レベルのレベル4(ドライバーレスを可能とする)自動運転に向けた技術要素検討②地域の関係機関と連携した持続可能な事業モデル構築③来訪者の利用を想定した受容性検証―を目的に、オンデマンド運行管制システムを活用し、駐車場内で試乗による実験を実施する。

少子高齢化による公共交通へのニーズの高まり、バス業界での運転手の高齢化などを背景に、移動の確保と効率化・人材不足解消などに貢献すると同時に移動の利便性を向上させる仕組みとして自動運転技術に期待が寄せられており、同市では令和元年度から自動運転の実証実験を積み重ねている。

本年度はこれまでの取り組みをさらに進めるため、運行管制システムと連携した自動運転車両を走行させ、将来的な自動運転の社会実装を見据えた実証実験を実施。

実験には高精度三次元地図を提供するアイサンテクノロジー(名古屋市)、オンデマンド運行管制システムを製作する三菱電機(東京都)、管制システムを利用して運行状況を遠隔監視する三重交通(津市)、自動運転専用保険を提供する損保ジャパン(東京都)など6社が参画し、車両には「Milee(マイリー)」と「ゴルフカート」を使用。2台の車両は、周囲の物体検出、自車位置の推定、走行経路の策定、運転判断といった自動運転に必要となる機能を備えており、駐車場内1周約600メートルを約8分で走行する。

この日は同所で出発式があり、伊藤徳宇市長、長島観光開発(桑名市)の舟橋純社長らが試乗。伊藤市長は「タッチパネルでの乗車予約も簡単で、乗り心地もスムーズ。アトラクションみたいな感じで、新しい自動運転の面白さを感じる」と感想を述べた。

その上で「過去3回の公道での実験に対して、今回のような観光・レジャーの場所でも十分活用できると感じた。国が2025年度にレベル4のサービスを普及させる計画の全国40カ所に市が採択されることを目標に、自動運転の技術を活用し、公共交通の課題解決に取り組む」と語った。