投票用紙を市町へ発送 三重県議選で県選管

【県議選の投票用紙をトラックに積み込む職員=県庁で】

三重県選管は13日、任期満了(4月29日)に伴う3月31日告示、4月9日投開票の県議選(定数48)を前に、県内全市町の選管に向けて投票用紙を発送した。

県選管の職員や委託先のドライバーらが午前9時ごろ、投票用紙の入った125個の段ボール箱を四台のトラックに積み込んだ。投票用紙は県職員らが前日に仕分けた。

服部央暉書記長が「確実に引き渡すため、くれぐれも気をつけて配送してください」とあいさつした後、トラックが職員の拍手を受けながら出発。県職員らも公用車で追走した。