無許可で産廃処分を受託 三重県、津の「ヨシダ」を事業停止処分

無許可で産業廃棄物の処分を受託していたとして、三重県は9日、廃棄物処理法に基づき、土木工事などを手掛ける「ヨシダ」(津市河辺町)の産廃収集運搬業許可を同日から90日間停止する行政処分を出した。

県によると、同社は津市内の家屋解体工事で発生したコンクリートやプラスチック類などの処分を排出事業者から受託したほか、産廃を引き受ける際に必要な管理票の交付を受けていなかった。

「産廃が津市内の一般廃棄物処理施設に持ち込まれている」との情報が昨年8月、県に寄せられたことをきっかけに発覚。この施設に産廃を持ち込んだことも含め、同社は違反を認めているという。