詐欺の疑いで消防職員を再逮捕 松阪署

【松阪】三重県警松阪署は6日、詐欺の疑いで伊勢市小俣町新村、松阪地区広域消防組合職員、稲森英之容疑者(54)を再逮捕した。

逮捕容疑は多気町の50代女性の親族から受けた家族トラブルの相談に関し、探偵への追加調査を名目に女性から現金をだまし取ろうと考え、「証拠をつかむまで調査はもう少し継続した方が良いです」とうそを言い、昨年10月6日、自分の口座に現金100万円を振り込ませてだまし取った疑い。「全て認めます」と容疑を認めている。

先月14日に別件詐欺事件で逮捕され、津地検が今月6日に起訴した。起訴状によると、知人の浮気調査費用の名目で現金をだまし取ろうと暴力団員に調査を依頼するとうそを言い、昨年8月30日―9月5日、3回にわたって現金合計500万円を自分の口座に振り込ませてだまし取ったとされる。