自転車や空気清浄機など寄贈 自動車総連三重協 四日市の母子支援施設に

【目録を手にする紀平施設長(左)と葛山議長=四日市市の母子生活支援施設「菜の花苑」で】

【四日市】自動車総連三重地方協議会は3日、四日市市の母子生活支援施設「菜の花苑」に、電動アシスト自転車1台と空気清浄機3台などを寄贈した。

自動車総連が取り組む福祉活動の一環。組合員からのカンパを元に、福祉施設などに必要な物品を贈っている。

寄贈式が同苑であり、葛山真由美議長が紀平理絵施設長に目録を手渡した。同苑では、さまざまな事情を抱えた母子を受け入れていて、現在、26世帯の母子が暮らす。

寄贈された電動アシスト自転車は、入居者が通勤や子どもの保育園の送迎などに利用する。空気清浄機は、施設内の共用スペースに設置する。

紀平施設長は「寄贈していただき、大変感謝しています」と礼を述べた。