ひなまつり御朱印、3日間限定で授与 津の三重県護国神社、3月限定絵柄も

【男びなと女びなが寄り添う「ひなまつり限定御朱印」(右)と、菜の花畑をデザインした「3月限定御朱印」】

【津】三重県津市広明町の県護国神社(奥山陽介宮司)は3―5日の3日間限定で「ひなまつり限定御朱印」を授与する。また31日まで3月限定の御朱印を授与している。いずれも和紙の書き置きで一枚300円。午前9時―午後4時。

御朱印は参拝の証しとして神社が授ける印章。同神社では令和元年の御大礼以降、季節限定の御朱印を手作りしている。

ひな祭りの御朱印は密を避けるため期間を3日間に設定。神社名に「ひなまつり」の文字と日付け、モモとタチバナに囲まれ寄り添う男びなと女びなをデザインした。

3月限定御朱印は神社名に陰暦3月を表す「花つ月」の文字と日付け、チョウが舞う菜の花畑の絵柄になっている。

同神社の限定御朱印は絵柄のデザインから印の作製まで全て神職の手作り。御朱印をきっかけに毎月の参拝者が増えたといい、「御朱印を通じ四季折々の風景や日本の年中行事を身近に感じてほしい」と呼びかけている。問い合わせは同神社=電話059(226)2559=へ。