病床確保の補助金など165億円 三重県が最終補正予算案

三重県は27日、新型コロナウイルス感染症の病床を確保するための補助金などとして、165億1300万円を追加する本年度の一般会計最終補正予算案を発表した。3月2日の県議会本会議に提出する。

病床確保の補助金など、新型コロナの対策費に85億9400万円を計上。飼料価格が高騰する畜産農家への補助金に4億8400万円、全国旅行支援を3月末まで継続する費用に4億400万円を充てる。

三重とこわか国体・とこわか大会の基金を廃止し、余剰金の48億800万円を貯金に当たる財政調整基金(財調)に積み立てる。交付税の追加配分などで生まれた76億400万円も財調に積み立てる。

また、将来の借金返済に備える県債管理基金には、15億円を積み立てる。歳入増を受けた対応。これにより、本年度中に積み立てた総額は105億8300万円、積み立て不足は55億1千万円となる。

歳入では、企業収益が想定より少なかったため、県税を9億5100万円減の2363億2600万円とした。一方、消費税による収入は41億1100万円増の894億2900万円となった。

最終補正により、一般会計の総額は8947億1800万円となる。最終補正後の規模としては、昨年度の9521億6300万円に次いで過去2番目。前年度比での減少は4年ぶりとなる。