老いと向き合う心構え説く 津の宇佐美さん、35冊目の著書発刊 三重

【宇佐美さんの35冊目の著書「人生百年時代を生き抜く心得】

【津】三重県津市八町2丁目の作家、宇佐美覚了さん(86)はこのほど、35冊目の著書「人生百年時代を生き抜く心得」を浪速社(奈良県五條市)から発刊した。B6判157ページ、税別千円。大きな活字で読みやすくしている。

宇佐美さんは南山大学卒業後、海外貿易業務に従事した後、高校英語教師を務めた。「あなたのライフワークの見つけ方」「大逆転の受験術」「定年!第二青春時代」などの著作がある。

新刊は老いと向き合う心構えと実践を説き、「老いの人生を楽しむ」「私自身の過去と現在」「感謝の盛春」の3部構成。

「漫然と長年生きていても実質は、短命の中身になりかねません」と警鐘を鳴らし、「余生ではなく与生です。あまった人生ではなく、幸せにも与えられた与生です」「高齢時代を幸齢として幸せに生きていきたい」と呼びかけている。