三十三銀3支店統合 津で新築店舗オープン

【新築移転した店舗=津市城山3丁目の三十三銀行高茶屋支店・高茶屋小森支店・津南支店で】

【津】三十三銀行(本店・三重県四日市市、渡辺三憲頭取)の高茶屋▽高茶屋小森▽津南―3支店の統合店舗が20日、津市城山3丁目で営業を開始した。旧高茶屋支店北側駐車場に鉄筋2階建延べ床面積約502平方メートル、木目を基調にした明るい店舗を新築。グランドオープンは旧店舗を取り壊した6月の予定。

【木目調の明るい店舗=津市城山3丁目の三十三銀行で】

新店舗は3支店の共同店舗方式で営業。4つの窓口のほか、相談ブース▽商談室▽全自動貸金庫などを備える。太陽光発電を取り入れ、ATMコーナーには画面を自動で滅菌する紫外線照射装置を設置している。

移転により廃止する旧支店は近隣の利便性に配慮し、旧津南支店跡はATMを残し、旧高茶屋小森支店は新たにオークワ津高茶屋店内にATMコーナーを設置している。

橋本勇紀支店長(52)は「温かみのある店舗でお客様を迎え気軽に何でも相談していただける地域の金融機関でありたい」と話した。