井村屋G、浅田会長が取締役会議長に 中島氏が会長、社長に大西氏 三重

【右から、浅田剛夫氏、中島伸子氏、大西安樹氏】

井村屋グループ(本社・三重県津市高茶屋)は17日、取締役会を開き、代表取締役の異動を決議した。浅田剛夫代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)=(80)が新設の取締役・取締役会議長(COB)兼新事業・新商品開発管掌に就き、後任に中島伸子代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)=(70)が就任。中島氏の後に大西安樹取締役(64)が就く。いずれも4月1日付。

同社によると、グループの持続的な発展と企業価値の向上を目指し、業務執行を監督する役割の明確化、ガバナンス体制の充実・強化に向けCOBを新設したという。

新任の代表取締役に就任する大西氏は上席執行役員経営戦略部長、常務取締役などを経て平成31年4月から井村屋スタートアッププランニング代表取締役社長に就任。関西学院大法学部卒。