電子マネー利用権40万円分だまし取られる 多気町の60代男性 三重

【松阪】三重県警松阪署は11日、多気町の60代警備員男性が40万円分の電子マネー利用権をだまし取られたと発表した。サポート詐欺による特殊詐欺とみて調べている。

同署によると同日、男性のパソコンで警告画面が表示され、記載された電話番号に電話したところ、男から「修理が必要。電子ギフトカードを買って」などと要求された。男性は指示に従う形で同日午前11時―午後3時20分にかけて多気町や松阪市内のコンビニ店で4回にわたって電子マネーを購入し、コード番号をパソコン上で入力した。

5カ所目のコンビニ店舗で詐欺に気付いた店員が110番して発覚した。