津で相次ぎ詐欺被害 80代女性、キャッシュカードと現金だまし取られる 三重

【津】三重県警津署は13日、津市に住む別々の80代無職女性二人が相次いでキャッシュカードと現金をだまし取られる被害に遭ったと発表した。還付金詐欺とみられ、手口がよく似ていることから同一グループの可能性もあるとみて調べている。

同署によると十日午前10時半ごろと午後2時半ごろ、市役所職員を名乗る男女らから各被害者方に「保険金の返還がある」などと電話があり、女性らは指示に従う形で使用口座や暗証番号などを伝えた。その後、自宅に来た金融機関の行員を名乗る男らにキャッシュカードを渡したという。

被害後に女性らが同署に相談して発覚。それぞれの口座からは付近のコンビニ店ATMを通じて三回にわたり合計50万円ずつが引き出されていたという。