小6男児が流され死亡 四日市、河口付近で水遊び中 三重

【四日市】5日午後0時40分ごろ、四日市市楠町北五味塚の鈴鹿川派川河口付近で、水遊びをしていた鈴鹿市国府町の中学1年生男子(12)と小学6年生男児(11)の兄弟が沖に流され、一緒に遊びに来ていた別の中学1年生の少年が付近の人に助けを求め、110番した。兄は現場に駆けつけた警察官に救助されたが、弟は約4時間後に海岸から約25メートル離れた沖の水深3―4メートルの海底で発見され、意識不明の重体で四日市市内の病院に運ばれた後、まもなく死亡した。

四日市南署によると、少年らは3人で遊びに来ていた。詳しい経緯や死因などを調べている。