松坂城歴代城主の家紋入りトートバッグ 松阪市が販売、のぼり旗掲出も 三重

【松坂城歴代城主の家紋が入ったトートバッグ】

【松阪】三重県の松阪市は5日、同市殿町の松坂城跡に歴代城主の家紋が入った「家紋のぼり旗」を掲げ、「家紋トートバッグ」(税込み500円)の販売を始めた。

松坂城を築いた蒲生氏郷と城跡をアピールし、観光地としての魅力向上を図る。松坂城跡は平成18年に日本百名城に選定、同23年に国史跡に指定された。

のぼり旗は城跡表門付近に1本、二ノ丸に2本を設置。初代城主の蒲生氏郷から服部家、古田家、紀州徳川家と続く歴代城主の家紋4個をデザインした。

トートバッグは縦37センチ、横36センチで綿製。家紋4個と「蒲生氏郷が築きし名城 松坂城」の文字が入る。松阪観光協会が運営する豪商のまち松阪観光交流センター(同市魚町)とまつさか交流物産館(同市京町)で扱う。