還付金詐欺で150万円被害 鈴鹿、市職員かたる男に 三重

【鈴鹿】三重県警鈴鹿署は3日、鈴鹿市に住む事務員の60代女性が現金約150万円をだまし取られる還付金詐欺にあったと発表した。

同署によると、女性は自宅の固定電話に同市役所介護福祉課のスギタを名乗る男から「3万5400円の還付金がある。申請手続きがされていない。どこの銀行で受け取るか」などと言い、女性は自分の口座がある金融機関を答え、電話を切った。

その後、銀行の者を名乗る男から電話で女性は金融機関に行くよう指示された。金融機関に到着後、指定された電話番号に電話をかけるとATM機の前まで行くよう指示され、言われるがまま操作して、現金計約150万円を振り込み、だまし取られた。その後、詐欺に気づいた女性が同署に相談し、発覚した。