三重は横浜と1回戦 夏の甲子園組み合わせ、第4日第1試合に

兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で6日に開幕する、第104回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで開かれ、三重代表として2年連続14回目の出場の三重の初戦は、大会第4日(9日)の1回戦第1試合で、2年連続20度目の神奈川代表の横浜と対戦することが決まった。

三重は7月の三重大会で、昨年夏の甲子園のマウンドも経験した上山颯太、谷公希の3年生右腕2人を中心に堅実な守りから攻撃のリズムをつくって2連覇した。横浜とは5月の連休中に練習試合を行い、投手二枚看板のうち上山投手を欠いた戦力で臨んだ結果、ロースコアの展開の末敗れたという。

3年生の宇佐美貴也主将は「相手は強いが、自分たちの野球をして、少ないチャンスを生かして勝ちきれるようにしたい」と初戦突破に向けた意気込みを語り、「知らない相手ではない」と話す沖田展男監督は「分析する時間も与えられている」と大会4日目の初戦を歓迎した。