5日からコロナ無料検査拠点設置 三重県、近鉄四日市と宇治山田駅に

一見勝之三重県知事は2日の定例記者会見で、近鉄四日市駅と宇治山田駅に5日から18日まで、新型コロナウイルスの無料検査拠点を設けると発表した。帰省や旅行などを前に検査を受けるよう呼びかける。

県が臨時検査拠点を設けるのは、5月の大型連休以来。抗原定性検査で実施する。期間中に計3千件の検査を想定。事業費は約2800万円で、全額を新型コロナ関連の地方創生臨時交付金で賄う。

県内の薬局や医療機関などで昨年12月から実施している無料検査も並行して実施する。一見知事は「無症状の人でも検査を受けることができる。出発前などに検査を受けてほしい」と述べた。

予約は不要。検査から10分ほどで結果が判明する。開設時間は午前10時から午後4時まで(14日の宇治山田駅は午後2時から)。問い合わせはコールセンター=電話059(228)4111=へ。