22日に高校生三重県議会 4年ぶり、8校28人が参加

前野和美三重県議会議長は1日の定例記者会見で、県内の高校生らが県議会の活動を体験する「みえ高校生県議会」を、22日に県議会議事堂の議場で開くと発表した。開催は4年ぶりとなる。

議会事務局によると、高校生県議会は高校生らが議場で地域の課題などを巡って県議らと議論する取り組み。平成26年度から隔年で開いてきたが、令和2年度は新型コロナウイルスの影響で中止していた。

8つの高校から28人の生徒が参加し、4人が議長役を務める。生徒らは児童虐待防止や教育格差、医療分野の南北格差などについて質問する予定。常任委員長の県議らが答弁し、知事や教育長も出席する。

午前11時40分から午後3時10分まで。県議会のホームページで中継するほか、終了後は録画で配信する。議場での傍聴も可能。問い合わせは議会事務局企画法務課=電話059(224)2877=へ。