サッカーJFL ヴィアティン、FC大阪に敗れる 鈴鹿は試合中止

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は30、31の両日、第18節6試合があった。県勢2チームのうち、来季のJ3入りを目指すヴィアティン三重は31日のFC大阪戦に0―1で敗れて勝ち点28(通算成績7勝4敗7分け)で暫定順位が4位となった。鈴鹿ポイントゲッターズは30日に予定していたホンダFC戦が新型コロナの影響で中止になった。