熱中症疑い、80代男性死亡 三重・伊賀

【伊賀】三重県は31日、熱中症の疑いで伊賀市在住の80代男性が死亡したと発表した。本年度で熱中症の疑いによる死亡例は3例目。

伊賀市消防本部によると、30日午後9時40分ごろ、男性の息子から「父親が倦怠(けんたい)感があって動けない」と119番があり、同市内の病院に救急搬送されたが、約25分後に死亡が確認された。午後9時ごろに帰宅した息子が衰弱している父親を駐車場で発見した。周辺に草刈り跡があり、草刈り作業中に熱中症になった可能性があるという。