市民ら189人、ゴルフで親睦 亀山、総合1位は中村さん 三重

【グリーン上でパットをする大久保さん(右)=亀山市両尾町のライオンズゴルフ倶楽部で】

【亀山】亀山市ゴルフ協会(都築慈会長)は28日、三重県亀山市両尾町のライオンズゴルフ倶楽部で「第48回亀山市民ゴルフ大会」を開催し、市民ら男女計189人が参加。競い合いながらも親睦を図った。

大会は、コロナの影響で、前半九ホールストロークダブルペリア方式とし、パーティーと成績発表会はなしとした。

同協会は毎年、年2回大会を開き、ゴルフを通じて市民同士の親睦と交流を図っているほか、子どもたちの育成にと「ジュニアゴルフ」を開き、現在小中学生計7人が、基本を学びながらコースに出て実践力を身に付けている。

小学4年から本格的にゴルフを始め、全国大会にも出場している中学1年生の大久保百華さん(12)=同市和田町=は「プロゴルファーになることが夢」とし、「きょうはパットは良かったが、全体的にうまくスコアをまとめられなかった。グロス43のスコアだった」と苦笑いしていた。

都築会長は「暑い一日でしたが、プレーの合間に水分補給をしながら、誰一人熱中症にもならず、皆和気あいあいとゴルフを楽しんでもらった」と話していた。総合、女性の部の上位は次の皆さん。

〈総合順位〉1位=中村悟(N33・6)▽2位=横山浩康(N33・8)▽3位=高木智康(N34・4)

〈女性の部〉1位=服部美代子(N35)▽2位=林佐衣子(同)▽3位=池戸いずみ(N35・2)