東海大会向け会場周辺清掃 鈴鹿商議所青年部がごみ拾い 三重

【沿道のごみを拾う参加者ら=鈴鹿市神戸1丁目の同市役所周辺で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の鈴鹿商工会議所青年部(岡田基紀会長)は27日、地域貢献活動の一環として、同市役所と隣接する市民会館の周辺を清掃した。

9月2、3日に同市で日本商工会議所青年部の東海ブロック大会が開催され、市民会館が式典会場となるため会場周辺の清掃を決めた。

この日は会員約20人と市職員5人が参加。両施設の外周を歩きながら、沿道に捨てられた空き缶や使用済みマスクなどのごみを拾った。

同大会会長の泉晃多さん(40)は「市役所周辺ということでごみは少なかったが、よりきれいにできて良かった。鈴鹿でのブロック大会は16年ぶりなので成功させたい」と話した。