ラクダ代役のキャメルブランド限定パッケージ JT、来月1日から発売

【「キャメル・メンソール・ライト・ボックス」の限定パッケージ】

日本たばこ産業(JT)は、キャメルブランドから、キャメルのシンボルのラクダの代役として6万票以上の投票で選ばれた上位3位の動物と“シークレット動物”をそれぞれデザインした4種類の数量限定パッケージ商品を8月1日から、同社オンラインショップで発売する。

同社は、ラクダの代役を投票で決める“ラクダが逃げた?代役どうぶつ総選挙”を昨年末に実施。

今回の限定パッケージは、ラクダ以外の八種類の動物の中から投票で選ばれた上位3位のゴリラ、パンダ、クジラをアイコンにデザイン。投票で選ばれた3種類の動物よりも出現率が低く、総選挙に登場していない動物のシークレットデザインも用意している。

限定パッケージの対象銘柄は「キャメル・ライト・ボックス」と「キャメル・メンソール・ライト・ボックス」の2銘柄。2銘柄ともに1箱20本入り税込み460円。