2億5000万円だまし取る 詐欺容疑で会社役員を逮捕 三重・津

【津】三重県警津南署は27日、2億5千万円をだまし取った詐欺の疑いで、南伊勢町木谷、会社役員稲田竜太容疑者(45)を逮捕した。

逮捕容疑は令和2年6月29日午後零時10分ごろ、稲田容疑者が当時役員をしていた会社の業務提携先企業(東京都千代田区麹町5丁目)の代表取締役男性(56)に対し、ヘリコプターを5億円で購入すれば7億円で売却して2億円の利益が得られるなどとうそを言って投資を持ちかけ、インターネットバンキング機能で同容疑者の管理する口座に現金2億5千万円を振り込ませてだまし取った疑い。「だまし取ったわけではない」と容疑を否認している。

同署によると、今月27日時点でヘリコプターを購入した実績がないことなどから、投資話が架空だったとみている。同容疑者は事件時、航空機の購入や転売を手がける会社の役員だった。令和3年12月に、被害を受けた会社の関係者が同署に相談し、発覚した。