自衛官が13歳少女にみだらな行為疑い 三重県警津南署が逮捕

当時13歳の少女にみだらな行為をしたとして、三重県警津南署は26日、県青少年健全育成条例違反と児童ポルノ禁止法違反の疑いで、陸上自衛隊北熊本駐屯地の自衛官、池成一磨容疑者(22)=熊本市北区八景水谷=を逮捕した。

逮捕容疑は昨年12月29日午前10時50分―午後3時半ごろまでの間、三重県内のホテルで、県内に住む中学2年=当時=の少女が18歳未満と知りながらみだらな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影した疑い。

同署によると、2人はSNS(交流サイト)を通じて知り合った。少女の保護者が同署に相談して容疑が浮上。「間違いない」と容疑を認めている。

北熊本駐屯地によると、池成容疑者は平成30年4月に入隊し、訓練に関する業務に従事していた。勤務態度に問題はなかったという。

濵田剛駐屯地司令は「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。警察の捜査で明らかになった事実に基づき、厳正に対処する」とコメントした。