「EMOTION」が優勝 三重県社会人バスケ選手権

【優勝したチーム「EMOTION」の選手ら(県社会人バスケットボール協会提供】

【亀山】県バスケットボール協会が主催する「第5回三重県社会人(O―40)バスケットボール選手権大会・井村屋杯」(伊勢新聞社後援)が24日、亀山市野村2丁目の市西野公園体育館で開催され、決勝戦で「EMOTION」が60対53で「ZARUZ」に勝ち、優勝した。3位は「ROC」。

同選手権大会には、県内から40歳以上(男性)の6チームが参加。優勝した「EMOTION」と準優勝の「ZARUZ」の2チームは、岐阜市で開催する「東海ブロック大会」(9月17、18日)に県代表として出場する。

この日は、(今月)17日に津市の芸濃町体育館でトーナメント方式で予選を勝ち抜いたチームが準決勝、決勝戦に臨んだ。

県社会人バスケットボール連盟理事長で同協会の高山国士常任理事は「第1回から年々参加チームも増えてきた。今後は、バスケットボールを楽しみながらも競い合う『生涯スポーツ』として力を注ぐ」と話していた。