稲森氏が新型コロナ感染 三重県議で4人目 

三重県議会は19日、稲森稔尚県議(草の根運動いが、2期、伊賀市選出)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。「議会関係者に濃厚接触者はいない」としている。

議会事務局によると、稲森議員は15日に発熱があり、同日の検査で陽性と判明。自宅療養中で快方に向かっている。発症2日前以降は登庁していないという。

新型コロナへの感染が判明した県議は4人目。県議会は令和2年11月に定めた感染症対応マニュアルに基づき、本人の同意を得て感染した県議を実名で公表している。